あとりえミモ 小さなバラの庭

鉢植えバラと草花を小さな庭で育てています

梅雨明けで終わりました【悲報】

我が家の鉢植えバラ「レディエマハミルトン」
6月、2番花です。日陰の場所なので、チリチリにならずに咲いていますが弱々しい。

 

鉢植えバラではこの暑さ限界です

 

危険な暑さが続いています。

関東は早すぎる梅雨明けをしました。
連日35度越えでは、バラは持ちこたえることができません。

 

 

朝一で摘みました。何とかバラの形はしていますが、花弁は痛みまくりです。
咲いたばかりなのに、暑さですっかり開いてしまったバラたちです。

 

 

我が家のこの時期は、2番花を迎えるバラたちがいまして、つぼみを沢山上げていました。
まさかこんなに早く、真夏のような天気になるとは・・
予想外の出来事に、バラも人間も動揺しまくりです。

 

2番花のつぼみたちは、開花しても普段通りには咲くことは無いでしょう。


早すぎる梅雨明けと猛暑で、バラは終わりました。涙

 

 

(左)レッチフィールドエンジェル  (右)ブラッシュノアゼット

上の画像は開花したばかりなのに、猛暑のため一瞬にして悲惨な姿になったバラたちです。

 

 

 

 

クラウンプリンセスマルガリータ
今回は酷暑のため別花のように咲いていました。辛そうの一言です。

 

このバラは、6月の下旬ごろにいつもポツポツ咲きます。
真夏でもこんな形になったことは無かったので、今回の天候が異常だということが分かります。

 

鉢植えのバラは、土の量と水の量に限りがあるので、こういう環境の時は弱いということを再認識。


しばらくこの猛暑が続くようであれば、真夏と同様の処置をしようかと思っています。
株を弱らせない為にもつぼみは摘んでしまい、休ませます。

 

ハダニ注意報

 

暑くなってくるともう一つ厄介なものが、高温乾燥が続くと発生するハダニ。
バラの葉がいつの間にか、かすり状になっていました。


一番簡単な対処法、葉に水シャワーをかけまくる。(葉裏は特に)
ついでに周りの植物にも、おもいっきりシャワーです。

水しぶきが結構面白くて童心に帰ってしまい、ついやりすぎてしまいますが、これで結構ハダニはいなくなります。
楽しくてやっつけられる、一石二鳥な方法。


 

カラミンサの花が咲いてきました。小さな花もミントの香りがする葉も爽やかです。

 

異常気象のため、今年のバラの夏休みは随分と早くなりそうです。

ガーデニングどころでは、なくなっちゃいましたね。日差しが危険です。
人間も熱中症には気を付けましょう。