あとりえミモ 小さなバラの庭

鉢植えバラと草花を小さな庭で育てています

2番花と1番花ふりかえり【ピエールドゥロンサール】

鉢植えのつるバラ。ピエールドゥロンサールの2番花。

 

ピエールドゥロンサールの2番花が咲いています

しとしと、しとしと、雨が続いていますね。
体調不良になりやすい時期ですので、ご自愛ください。

 

我が家の小庭は、夏の多年草が静かに小花を付けている程度。
梅雨の真っ只中です。


ふと見上げると、つるバラのピエールドゥロンサールが一輪咲いていました。

これは2番花なのかなぁ・・・?
かなり上の方の、奥の枝先に咲いているので、1番花の出遅れ組かもしれません。

枝先を切った記憶が曖昧なので何ともいえませんが、満開の頃から約1か月経っているので返り咲き組ということにしておきましょうか。(適当・)

 

 

 

 

我が家の鉢植えピエールは、去年あたりから返り咲くようになりました。

 

ピエールはつるバラで一季咲き(春のみ)と言われていますが、株が充実してくると弱めの返り咲きをするそうです。
この時期と秋に入る頃に3~4個咲きます。本当に数個のお花なので、とても貴重だと思っています。

この時期は雨にうたれ、花弁があちこち痛みます。少し俯いた姿が、憂いを帯びていますね。

 

 

5月上旬の1番花。ピエールドゥロンサール、咲き始めの頃です。

つるバラは勢いがあるので、見ているだけで元気になれますねぇ。


以下、5月の1番花の写真です。

 


バラの最高な時期です。どのお花も美しく、同じものは一つもありません。

(遠くから見ると全部同じに見えますが)

 

たった1か月前は、こんなにも咲き誇っていました。つい最近のことなのに懐かしく思えます。

この写真のように沢山咲くのは、来年の春。
しばらくは、ポツポツと返り咲くピエールを愛でましょう。