あとりえミモ 小さなバラの庭

鉢植えバラと草花を小さな庭で育てています

簡単ですが、バラのポプリ

ガードルードジェキル(イングリッシュローズ)5月上旬の頃

 

バラのポプリを作りました

 

5月は我が家の小庭にも沢山のバラが咲きました。
今年はバラのシーズンに雨の日が多かったので、花は早めに切っていました。

切り花で飾るのも素敵ですが、咲きたての花はとてもよく香るので、花びらを乾燥させてポプリを作りました。

簡単すぎまして、作ったというほどのものでもないんですけどね。

 

 

 

バラの種類

 

我が家の鉢植えバラの中でも、特に強香種を選びました。


ガードルードジェキル。写真上くらいの開きかけた頃の花がよく香ります。

ダマスク・クラシックの香りが素晴らしく、鮮やかなピンクはドライになっても綺麗な色が残ります。

 

 

グラハムトーマス。
ティーの香り(紅茶)が心地よいので、このバラもポプリにすることにしました。

 

 

グラハムトーマス(イングリッシュローズ)5月上旬の頃

 

ポプリ作りました

 

摘んだ花びらをほぐします。そして直射日光に当たらない場所で新聞紙にのせ、2週間ほど乾燥。

 

(左)ガードルードジェキルとフルーツ香のジュード・ジ・オブスキュアとか
(右)グラハムトーマスだけ

 

この時点でもお部屋がよい香りに包まれました。このままでも十分です。

さて、ドライになった二つの香りを比較すると、ん?

ジェキルの方はバラ香りのポプリですが、トーマスくんはなんと!渋味だけになっていました。笑

 

やはり、ポプリはダマスク系に限る・・・

 

かな。

 

 

 

密閉できる袋や瓶に入れて、ローズのアロマオイルを2、3滴、もみもみします。
再び2週間ほど暗所で熟成させて出来上がり。

 

 

 

お部屋に、玄関に、トイレに。

バラの花びらを再利用、簡単ですが我が家のバラのポプリでした。