あとりえミモ 小さなバラの庭

鉢植えバラと草花を小さな庭で育てています

5月の鉢植えベンジャミンブリテン

 

鉢植えのベンジャミンブリテンが咲きました

 

イングリッシュローズのベンジャミンブリテンが咲きました。
今年もポツポツとマイペースに咲いているバラです。

我が家に来てから5年くらい。
現在は一番長い枝で2mくらいあり、その枝から新しい枝が出ていたりしていますので、健康状態は良いかと思われます。

 

 

 

 

結構大型化しています。充分な場所が必要です。
しかし、我が家は庭とも呼べない猫の額ほどのスペースしかないので、ベンジャミンブリテンの最適な居場所は確保できていません。

それなので取り合えずということで、若干の空きがあった玄関先がベンジャミンの栽培スペースになっています。

 

ですがここは、バラにとって最悪の場所となる西日しか当たらない場所。
しかも14時ごろからやっとです。

5月を過ぎるとアツアツの光と空気が直撃し、真夏は強烈なんてもんじゃない。
弱い植物は枯れます。

そんなマイナスエネルギーしかない場所で良く咲いてくれています。

健気に咲いている姿を見ると、時折申し訳ない気持ちになったりします。

 

 

 

この赤はなんというのでしょう。独特のレッドです。

強めの色ですが、イングリッシュローズらしい花の形と葉の形で割とやさしい雰囲気。フルーツ系の香りも素敵です。

 

鉢植えのせいか、置き場所のせいか、我が家のベンジャミンの花は全体的に小ぶりです。

 

 

 

ベンジャミンブリテンの花は上を向いて咲くところが長所。
俯かないので扱いやすいです。

我が家はまだそこまでに至っていませんが、
仕立て方次第ではもっと花付きが良くなるバラだと思いました。

そういえば育て初めてからも特に病気もなかったような。そういった点では手もかからないタイプのバラかもです。

 

 

 

なんと今年はベーサルシュートが根元から1本出現していました。
すでに1mくらいになっていて、かなり嬉しい。
おそらく、我が家のベンジャミンブリテンにとっては久しぶりの出来事です。


株はかなり充実していると見た!

よ~し、来年の1月は絶対に土の入替えと誘引がんばるぞー

って、もう来年の話?鬼が笑うよ。