あとりえミモ 小さなバラの庭

鉢植えバラと草花を小さな庭で育てています

ささやかに、紫のバラ

 

2022 鉢植えバラ、カインダブルーの開花

 

さて、いきなりクイズです。
下の写真、紫のバラはどこにいるでしょう。

 

 

 

 

ハイ、もうお分かりですね。(一目で分かります・・・)
写真右下の紫色の子がカインダブルーです。


他のバラたちがほとんど終わりかけの中、やっと咲きました。


すっごい、遅咲きバラです。

 

この子は先代のカインダブルーを挿し木した分身のバラです。
先代は根腐れで残念ながらダメにしました。保険で挿し木をしたのです。

 

その分身のバラはかなりしっかりしてきたので、初めての花を咲かせてみました。
30cmほどの枝の高さにつぼみが3個、そのうちの最初の花です。

 

 

 

 

藤色。
葉も大ぶりで枝もがっちり系です。

藤色って静かな色味なのですが、花弁が多い大輪なので意外にも存在感あり。

花持ちよいです。
香り?う~ん、なんとなく。

 

 

 

淡いピンクのバラと共演させたかったのですが、咲くタイミング違ったみたいですね。

周りのバラたちはもう終わるので、明日切ってしまう予定だし。

 

カインダブルー、これから咲き始めるって、孤高のバラになっちゃうね。

ささやかなお庭だけど頑張ってください。

 

あ、そういえばいた!もう一株。超遅咲きビエ・ドゥー。

遅咲きバラって忘れられやすい?