あとりえミモ 小さなバラの庭

鉢植えバラと草花を小さな庭で育てています

ピエールドゥロンサール登場

八分咲きのスノーグースとピエールドゥロンサールのコラボ

ピエールドゥロンサールが咲きました

鉢植えのピエールドゥロンサールが咲きました。
相変わらずの安定の咲きっぷりで嬉しいです。

 

 

 

まさしく「ピエール登場!」という感じの開花。

大輪で巻き巻きの花弁は圧倒的な存在感があります。


 

 

花数は去年と同じくらいです。
ただ誘引はきっちりしていなかったので、あっちこっちで咲いています。

 

 

 

は~ どこのお姫様がやってきたかと思った・・・

 

ピエールドゥロンサールは2006年に殿堂入りしたバラで、今だ人気が衰えず売れ続けているそうです。そういえば誰かが言っていました「一家に一株ピエールドゥロンサール!」と。

バラ好きのお宅には必ずといっていいほどピエールが居て、ピエールを知らないバラ好きもいないと言われています。

 

 

 

この子は枝もがっしり、大型のつるバラなんですよね。
お日さまが好きです、場所を選びます。でも極小庭では場所を選べませぬ。

本来なら伸び伸びと広い空間で育てる方が適したバラなのですが、無謀にも鉢植えで育てている我が家。チャレンジにもほどがあると思いますが、なんだかんだと今年もそこそこに咲いてくれてありがとうの気持ちでいっぱいです。

 

 

 

大苗で迎え、鉢植えで育ち6年。
ほどほどに育てていますがひとつだけ気になっていたことがあります。
それは、我が家のピエールには全くもってシュート(新枝)が発生しないということでした。

 

ところが今回はちょっと様子が違う。

 

 

 

なんと!6年目にして、とうとうシュート発生です。

①ベーサルシュート

②サイドシュート

2本です。

つるバラなのですね。新しいシュートもがっちりと逞しい枝になっています。

順調に育ちますように。

 

 

新しい枝が増えたので来年はもう少し花数が増えそうです。(管理次第・・)

そういえば去年ごろから秋も帰り咲くようになりました。ひとつふたつでも秋顔のピエールは風情があります。
なんと、まだ咲き始めたばかりなのにもう秋の話・・・気が早いですね。

今は5月のバラを楽しみましょう。

以上、鉢植えピエールドゥロンサールの近況でした。