あとりえミモ 小さなバラの庭

鉢植えバラと草花を小さな庭で育てています

片隅のサマーソング

 

鉢植えバラのサマーソングが開花しました

咲きましたよ~
何ともいえない色、バーネットオレンジ。独特な雰囲気を持ったバラです。

 

 

離れた場所から見てもパッと目を引くバラですが、他のバラの中にあっても悪目立ちしない上品さがあり、個性的なティー系の香りです。
バラのナーセリーの説明では「バナナとティーと菊の葉の愛らしい香り」などとありますがよくわからない・・
バラの香りを言葉にするのはなかなか難しいですね。

 

 

そんなサマーソングは他のバラたちと競演することも無く、我が家の小さな庭の片隅に置かれています。まさにすみっコぐらしというところでしょうか。

理由はひとつだけ「暑さに弱い」ということ。我が家のイングリッシュローズの中でも断トツです。
20℃超えで湿度も上がってくると、たちまちくたびれた感丸出しになり、もう見ていられなくなるほど辛そうです。

それさえなければ長所ばかりのバラ。トゲは少ないし、病気にも強い、花も美しく秋にも咲き、香りもよい。

 

 

5月といっても夏のような暑さになることも度々。一時はあまりつぼみをつけなかったこともありました。

でも、せっかく我が家に来たのだし、元気に暮らしてもらう為に考えました。
何よりこのバーネットオレンジが見たかったことも理由です。


東の庇がある奥座敷(と勝手に呼んでいる)は雨がかからず、夏は暑すぎないので過ごしやすいのではないかと。
そして鉢を移動してから2年ほど経過しました。
なんだかんだと春になれば美しく咲いてくれるようになったので、状態は落ち着いているように思えます。
少なめの日照時間のせいなのか、やや枝ぶりにひょろひょろ感はありですが、まあこんなものでしょう。

 

 

そういえばサマーソングの株元に台芽※が出ることがありました。


※接ぎ木した台木から出てくる新しい枝。バラの多くは台木に接ぎ木することによって生産されている

 

今ではこれもひょろひょろになる原因だったのではないかなぁと思っています。

ちょっと育てるには置き場所選びますが、
片隅のサマーソングの第1花は無事に咲きました。