あとりえミモ 狭いけど鉢バラの庭

小さなお庭とベランダでバラを鉢植えで育てています。手作りローズガーデンの成長記録。

最初は無難で、なんとなく 鉢植えバラ栽培のきっかけ

私のファーストローズ ユリイカ

 

f:id:hikari-mimo:20200703162222j:plain

7月ユリイカ

 

2番花咲き始めました。ユリイカ。

私の庭のバラプロフィール
【ユリイカ】
大苗で来ました。5年目。
1階東南向き
鉢植え8号プラのコンテナ、フロリバンダ。


年々、株がしっかりしてきまして。
今年の5月はこんなにフリルが美しい大きな花が咲きました。

 

f:id:hikari-mimo:20200703162313j:plain

5月ユリイカ

 

このユリイカ、我が家で最初に育てたバラの一つ。
購入のきっかけは、よくあるホームセンターの園芸売り場。


当時はバラについては詳しいことは分からず、トゲがほとんどない、大きくならないバラ。という無難なところだけで選んだバラでした。
あまり知られてないバラだとおもいます、たぶん。

特に好きだったわけでもなく、バラ自体知らなかったし。というそのぐらいのとらえ方。

 

ところがです。

5月には、小さな庭の他の草花たちを脇役に追いやり、咲く花弁の多さと存在感にわーっと感動。

もうね。花の迫力が違うわけ。
そしてあんまり期待しなかった分、喜びも一層するということに気づくのね。
結局、見事に良い意味でショックを受けまして、バラ栽培を趣味にするきっかけとなりました。

 

f:id:hikari-mimo:20200703162437j:plain

 


このバラ、初心者マークがとれない頃の育て主のバラ栽培。
剪定や肥料やりなども、かなりの適当管理だったので、樹形もかっこ悪いです。


でもそんな、ずっこけた環境にも負けず、こんなに美しい花を咲かせてくれるようになりました。そう、年月が解決してくれるのです。いえいえ、違うって・・

フロリバンダという大きくならない木立樹形と、素手で触れるトゲ少ないタイプ。
併せてバラ特有の病気に強かったのも、ここまで育てられた要因。

咲き始めは杏色、咲き進むと黄色よりになってきます。
香りはよーく近寄らないとわからないけど、ティー系の香り。

 

f:id:hikari-mimo:20200703162512j:plain

 

そして「このバラは、いつも咲いてるね」
と言われるほどの四季咲きで花持ちもよいです。

なんとなーくで買った私のファーストローズ。
バラ栽培は難しいと言われていますが、最初は育てやすいバラから始めるのがおすすめ。お世話が楽なほうがいいよね。

ユリイカさんは育て主にも優しいバラであったのだ。