あとりえミモ 狭いけど鉢バラの庭

小さなお庭とベランダでバラを鉢植えで育てています。手作りローズガーデンの成長記録。

HTでしたよね プリンセスシャルレーヌドゥモナコ

房になってました プリンセスシャルレーヌドゥモナコ

 

f:id:hikari-mimo:20200526144528j:plain

 

バラっていろんな「人の名前」がついていますよね。
【プリンセス シャルレーヌ ドゥ モナコ】
モナコ公国の君主アルベール2世の妃

 

このバラの種類はHT(ハイブリッド・ティー)
バラの樹形の種類のひとつで、四季咲き大輪のバラのことです。
特徴はすーっと伸びた枝の先に一輪の大きな花をつけること。

 

f:id:hikari-mimo:20200526144632j:plain

 

5月半ばすぎ、オークルピンクの蕾を見たとき
あれっ?!房でした。それも伸びてる枝全部にです。

 

たしかハイブリット・ティーは一枝に一つの蕾。
時々、新しいシュートの先にいくつも蕾をつけることがあっても、全部の枝には初めてです。
そう、5本全部の枝先にそれぞれ5~6個のつぼみがあがっていました。


この鉢バラは3年目、株が充実してきたのか、肥料の影響か。
とにかく勢いがすごいこと・・・

 

通常このケースだと真ん中のつぼみだけ残し、周りのつぼみを摘み取ります。
中央の蕾に力を集中させ、大きな花を咲かせるんですね。

でも今回は周りの蕾も頑張っていたのと(のように見えた)
そのままにしたらどう咲くのか見たかったこともあり、見守ることに。

 

f:id:hikari-mimo:20200526145007j:plain


お 咲きました。
やわらかな色あいとフリフリの花びらが素敵です。

中央の花が窮屈そうでしたがお花はしっかり。
その後雨模様が続くということもあり、5本あった枝の真ん中の花をすべて摘みとることに。

そして2日もたたないうちに周囲のつぼみが咲き始めました。
中央に咲いたバラと同じようにしっかり開花。

 

f:id:hikari-mimo:20200526145046j:plain

 

真ん中の花を摘んだことによって、周りに力が分散してちょうどよいお花になりました。

 

このお花は花持ちも香りもとても良く、切り花で差し上げるととても喜ばれる子でもあります。


強いバラなのだと再認識、元気がもらえました。