アトリエみも

鉢植えでも、小さな場所でも、ベランダでも、バラは楽しめます!

鉢植えバラの夏バテ

f:id:hikari-mimo:20180725155744j:plain

毎日の水やりお疲れさま。暑さはピークを迎えます。

グレイス(イングリッシュローズ)

夏は咲いたら朝摘み、花瓶で愛でてあげましょう。

 

 

災害レベルの猛暑が続いています。

わが家は鉢植えバラ、
暑さに弱いものは、チラホラと夏バテの症状があらわれています。

 

 

f:id:hikari-mimo:20180725155851j:plain

あまりの暑さに一日にしてチリチリに。
悲惨な姿のグレイス。(10号鉢、南西向き)

 

 

 

バラも夏バテ?


バラは本来暑さに弱い植物ではないのですが、
種類によっては夏バテするものもあります。


夏も涼しい欧米生まれのバラは、高温多湿の日本の夏が苦手です。
葉や花にいつもと違う症状が出たら、早めの対処がバラの健康を維持できます。

 

特に鉢植えの場合は、限られた鉢の土と水なので
夏は弱りやすい傾向にあります。

 

 

バラの夏バテ症状

わが家のバラの中でも、夏が苦手なバラたちの症状と対策です。

葉に症状が出やすいので、見た目でわかることが多いです。

 

葉の症状

f:id:hikari-mimo:20180725160151j:plain

「ホントに夏が苦手なのね・・・」

暑さに特に弱いサマーソング(イングリッシュローズ)
ほとんどの葉が反りかえっています。
(鉢植え10号、東南側→北側に移動)

 

 

f:id:hikari-mimo:20180725160224j:plain

「株元がっちり、剛健そうですが・・・」

中ごろから葉が茶色くなってパラパラと落葉。老化現象です。
ビエドゥー(フレンチローズ)
(鉢植え8号→10号、東南側)

 

 

f:id:hikari-mimo:20180725160251j:plain

「夏はかなり緩慢です・・・」

黄色い葉が枝の下のほうにチラホラ。※黒い点が発生の場合は黒星病です。
グレーテル(ドイチェローゼン)
(鉢植え8号→10号、南西側→東側)

 

 

f:id:hikari-mimo:20180725160343j:plain

「やっぱりジャパンは暑かった・・・」

新芽や若葉が縮れる。ケルナーフローラ(ドイチェローゼン)
(鉢植え10号、南側→二重鉢にする)

 

 

 

夏バテしてしまった時の対処(ウチの育レポ)


わが家の場合の鉢植えバラ対策

◆東側、北側の位置に移動(西日があたらない場所)

◆二重鉢にする、または花スタンドで上げ底鉢にする

◆蕾をつけたら、開花させずに摘み取る

◆肥料を止める

◆水やりは早朝にたっぷり
(日中あげると鉢内の温度があがりすぎてしまうので)

◆根の活力剤を補う

 などなど。

f:id:hikari-mimo:20180725160548j:plain

夏は 切り花にしてあげたほうが、断然花の美しさが維持できます。

 

まとめ

バラの種類によって夏バテするものとしないものがあります。
鉢の大きさ、置いている環境によって影響があるケースもあります。

 

鉢植えバラの場合は、ほんの少しのタイミングで水切れしてしまうケースもありますので、頻繁に下葉が黄色くなるようでしたら、瞬間的な水切れが原因かもしれません。
ひとまわり大きい鉢に植え替えしてあげてみるのも得策ですね。

 

また、今まで夏バテがなかったバラでも、夏以前の育て方の微妙な差によって
突然夏バテ症状が発症するときもあるようなので、日頃からの観察も大切です。