アトリエみも

鉢植えでも、小さな場所でも、ベランダでも、バラは楽しめます!

プリンセス・シャルレーヌ・ドゥ・モナコのガリバーシュート

f:id:hikari-mimo:20180606161653j:plain

 

10日前くらいの話。

プリンセス・シャルレーヌ・ドゥ・モナコの
シュートをパキッと剪定した。


このバラはハイブリットティローズ【HT】。

ハイブリットティローズとは
四季咲き、大輪1輪咲きの品種のこと。


長く真っ直ぐ直立に伸びるので、
狭い庭においては重宝な存在。

 

f:id:hikari-mimo:20180606161724j:plain

甘~い強香種、大輪だ。
あんず系のピンク色の花弁、フリル咲きが豪華なバラ。

 

 

ある日のこと 

真っ直ぐ伸びた、空高く、までとはいかないが
勢いすごいガリバーシュートがびゅーんと1枝。

 

f:id:hikari-mimo:20180606160300j:plain

 

しかも6~7個つぼみをつけて見下ろされていた状況。

最終的には1.6m強はあったのは間違いない。

 

本来こういうシュートは放置してはいけないのだが、
(他のシュートに花が付きにくくなる)
今回はあえてそのままにするという観察目的。

 

理由のひとつは、蕾がついたままなかなか咲かなかったからということ。
つまり蕾をつけたままあの高さになって、やっと咲いた。
ひょっとしたら、1日に2cmは伸びていたのではないかとおもう。

結果、伸びながら蕾をひとつひとつ増やして房になった。

 

f:id:hikari-mimo:20180606161927j:plain

1つ咲き始めたら、周りを囲むようについていたつぼみが次々咲く。
全てのつぼみは一気に花開いた。

房で咲くと豪華そのもの。

咲き進むと白っぽくなっていく。


全部開花で最後まで見届けられたので納得。

 

このままにすると、バラの生育上非常に良くないので
かなり下のほうでパキッと剪定。

 

f:id:hikari-mimo:20180606162003j:plain

 

直径1cmはある。
初めてのバラの挿し木に挑戦してみる。梅雨時はよいタイミングだ。

これだけ生育旺盛な枝なのでいけるかな。