アトリエみも

鉢植えでも、小さな場所でも、ベランダでも、バラは楽しめます!

バランスが。グリーンアイス【バラ】

f:id:hikari-mimo:20180522203001j:plain

目次

 

5月のグリーンアイス

 

ミニバラ「グリーンアイス」
咲き揃ってきて、もうこぼれんばかり。
やぁ、いつもたくさん咲いてくれてありがたい。

 

わが家の小さなベランダガーデンが
随分とにぎやかになっている。

 

f:id:hikari-mimo:20180522202339j:plain

 

小さなグリーンアイスと小さな紫のブラキカム、
そして小さな白ウサギのやさしい空間がそこにある。

小さなスペースのちょっとの時間の中に、今だけの季節の物語をみているようだ。

 


ご存知の通り
グリーンアイスは花色が変化するミニバラだ。
この時期のグリーンアイスは咲き始めの色のベビーピンクには会えない。

 

www.ateliermimo.jp

 

 

f:id:hikari-mimo:20180522202516j:plain

 

最初、白い花のふちどりが紅色になる。


そして全体が白くなり、
涼しげでナチュラルなグリーンに変化していく。

 

 

 


わが家の育レポ

 

鉢は去年のまま、8号サイズ。
冬剪定はしっかりした。

剪定後は1回置き肥。その後から現在まで追肥はせず。

 

株が充実してきたのだろうか、ほとんどの枝に房状で咲く。
しかも葉がフサフサ、この葉の混み具合のせいなのか
一部にウドンコ病が発生した。
葉×3枚、つぼみ×2個ぐらいだったので、切って取り除く。

 

その後は発生せず。
特に薬品による防除をしなくても回復した。
やはりグリーンアイスは強健種だとおもう。

 

f:id:hikari-mimo:20180522202705j:plain

 

仕立ての必要性について


実は今回気になったところがある。
蕾がまだ少しの頃は全体が、上向きに伸びていた枝。

だが花を咲かせるころになって頭が重くなったのだろう。

枝垂れてきた。


数本ならよいが、こう何本もあると枝垂れた枝の上に重なるようになり
とても風通しがよくない状態になる。それはバラにとっていただけないこと。

 

どうしたものか。
応急処置で何本かは支柱にくくりつけ、残りは枝垂れさせている。

だが今回の花が終わりかけたら、花がらを切る。

そのあと「どうやって仕立てよう」か考え中・・・

バランスが・・・難しい。

 

 


ネコさん(11才)

 

f:id:hikari-mimo:20180522202800j:plain

ひさしぶり登場。

ネコには最高の季節ニャ。