アトリエみも

鉢植えでも、小さな場所でも、ベランダでも、バラは楽しめます!

バラにあう草花【カラミンサ】

f:id:hikari-mimo:20180721165601j:plain

カラミンサ・ネペタ

 


暑い日が続きますね。
この時期、ひとやすみしている夏のバラ周りを、
淡紫色の小花が咲き続けています。

「カラミンサ」Calamintha
別名:カラミント

涼しげな雰囲気が夏のガーデンを爽やかにしてくれています。

 

 

 

 

カラミンサの特徴

 

カラミンサは地中海沿岸に自生するシソ科の多年草です。
初夏から秋までと花期が長いです。
花持ちもとてもよく初心者向け、丈夫なハーブです。

 

カラミンサの効能

 

葉はハーブティーとして利用できます。
主な効能は消化促進、リラックス効果、風邪や頭痛にもよいそうです。

 

カラミンサの名前の由来

 

名前の由来はギリシャ語の「美しい(kalos)ミント(minthe)」という意味です。
葉っぱをこするとハッカのスッキリした香りがあるのが特長です。

 

カラミンサの種類

 

f:id:hikari-mimo:20180721165836j:plain

カラミンサ・ネペタ
一般的に栽培されているのが、こちら。
白や薄紫色の小花が沢山咲き、やさしい雰囲気があります。
他のお花を引き立てるので、バラだけでなく様々な植物の寄せ植えに使いやすいです。
ミントの香りがあるので、ハーブとしてお料理に使うこともできます。


カラミンサ・グランディフロラ
ネペタより大きなピンクの花です。ヨーロッパなどでは一般的でよく見かけることができます。暑いのが苦手。

 

 

花言葉

 

「愛のささやき」「清涼」「拒否する心」「別れは静かに」

 

 

カラミンサ データ

 

科属名 シソ科トウバナ属 
分類 多年草
置き場所 日当たりのよい場所
用土 草花用の培養土。または赤玉土7 腐葉土3
水やり 鉢植えは土の表面が乾いたらたっぷりと
肥料 植え付け時に緩効性肥料。その後は春と秋に同じ肥料
病害虫 ほとんどなし
花持ち よい
強健性 強い 

 

 

ウチの育レポ 

 

f:id:hikari-mimo:20180721165923j:plain


カラミンサ・ネペタ

鉢植えで育てています。(8号鉢)置き場所南西向き。
夏の水やりは、朝たっぷり。

 

お手入れ

茎葉の込み入ったところは間引きして涼しく。(時々)

花が咲き揃ったら、夏に3分の1くらいの箇所で切戻す。
秋の終わりごろは根元近くまでばっさり切り戻して休ませる。
(暖かくなるころに再び芽をだしてきます。)


株が充実してきたらひとまわり大きな鉢に植え替える。(11月頃)

 


鉢植えでも宿根し毎年花を見ることができます。
寒さに強く、とても丈夫で手間いらず、育てやすさが魅力です。