アトリエみも

花のある暮らしを写真で綴ります。小さな庭でバラ、ハーブ、季節の花を育てています。

秋のバラのために剪定せねば

 

 

我が家のポツポツ咲いているバラです。

 

f:id:hikari-mimo:20170914171215j:plain

ジュビレ・デュ・プリンス・ドゥ・モナコ

 

 

春に比べると、夏の終わりの花は少し小さめです。

 

 

咲いてくれるのは嬉しいですが、
どうやらこのままにしては、もったいないようです。

 

もったいないとは、このままにして秋を迎えるより
もっと美しくたくさん咲いてもらう方法があるということ。

 

それが大事な秋の「剪定」らしい。

この剪定によって10月にはとても充実したバラになります。

それには9月上旬までの剪定がベストなので早速やってみることにしました。

 

 

秋の剪定ってなに?

 

秋バラは10月中頃が咲くころなので、
逆算して50日前に一度剪定します。

(関東、四季咲きバラの場合)

 

剪定したほうが

これからシーズンを迎えるバラたちが

より美しくまとまって咲きます。

樹形も整い一石二鳥です。

 

 

■剪定の方法

 

枯れ枝、黄色の枝を切り落とし
樹高の2/3くらいのところで、外向き芽の上でカットし
扇形に整えます。

この剪定は更に株が元気になる効果というメリットもあり。


早速バッサリいってみました。

f:id:hikari-mimo:20170914171816j:plain

 

 

 

■肥料も与える

 

新芽の成長を促すためにも、「追肥」は忘れずに。

緩効性の化成肥料を、株まわりに。

 

※夏バテして少し弱っているバラには、
剪定1週間前に液体肥料をあげてから、剪定しましょう。

剪定後は緩効性の化成肥料を与えます。

 

 


秋に咲かせるバラは、腕しだい。


このひと手間の剪定と追肥が、

秋バラをより沢山に、素敵にするならやったほうがよいのかな。

 


10月のバラが楽しみです。

 

 

 カインダブルー

f:id:hikari-mimo:20170914171256j:plain

 

 

 

ネコさん

 

f:id:hikari-mimo:20170914171946j:plain

gorogoro・・・・・

時々窓際で休憩し、「ゴロゴロゴロ」とひとりごと。

 

 

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村