アトリエみも

鉢植えでバラと季節のお花を小さな庭で育てています。

今年の夏も放置でした【ポーチュラカ】

f:id:hikari-mimo:20170905172918p:plain

我が家の極小庭へようこそ。(鉢のふちで休憩中の殿さまバッタ)

 


目次

  • 小さな鉢ガーデンでひとりごと(夏)
  • ポーチュラカ管理と基本情報

 

小さな鉢ガーデンでひとりごと(夏)

 

9月になりました。

 

秋気配、爽やかな風です。


季節の移ろいを察知するのは、植物たちのほうが早いようです。

 

朝晩の涼しさで、夏バテ気味だった植物が
少し変化してきたような気がします。

 

葉っぱのツヤや花色にも変化をかんじられる植物も。

 

人間もあの真夏の寝苦しい夜から解放。
外に出るのも楽になりましたね。

 

涼しくなりましたが、

夏の花はまだまだ元気です。

 

そういえば
夏の花で最近人気なのは「月下美人」らしい。

このお花は常緑多肉植物で、夜に咲き朝はしぼんでしまうという神秘的な植物です。

なかなか売られてなくて、玄人好みなお花ですよね。

 

 

f:id:hikari-mimo:20170905172747p:plain


月下美人は我が家には無いけれど
夏の定番の花、葉っぱが多肉植物系の
「ポーチュラカ」(ハナスベリヒユ)がカワイイって知ってますか?


今年も手間いらず。

去年からの冬越しで2年目です。

 

今年の夏も
ほぼ放置でした・・・。

まぁ手間いらずな子です。


花は小型なので、主役級ではないのですが、
蛍光カラーでカラフル。

 

這うように成長し、夜になるとお花は閉じます。

 

朝、お天気が良いとお花がパッと開くので、
ガーデンの一番手前に「ちょこん」と居るかんじがカワイイ。

 

f:id:hikari-mimo:20170906170656p:plain

 

今年の夏は雨が続いたり涼しかったりだったので、
去年に比べるとお花の数は少ない。


本来なら次々咲き続け、
日当たりさえ確保できれば、暑い夏でもたくましく咲いている丈夫な花なのです。


鉢植えの我が家の

夏の炎天下は、水切れ注意なのですが、
ポーチュラカはこんな小さな鉢でも平気でした。

 

たま~に伸びきった茎をカットしてあげると、新しい芽が出てきて元気になりますね。

 

お庭のワンポイントに、グランドカバーに
可愛くてたのもしい存在ですよ。

 

 

 

ポーチュラカ管理と基本情報

 

基本情報 詳細
科属名 スベリヒユ科・スベリヒユ属(ポーチュラカ属)
分類 多年草、寒さに弱いので一年草扱い
置き場所 日当たりの良い場所、日光が少ないと花付きがよくない
用土 赤玉土(小粒)6 腐葉土3 川砂1
水やり 土の表面が乾いたらたっぷりと
肥料 月1回液体肥料
害虫・病気 たまにアブラムシ

 

さし木で簡単に増やすことができます。

 

茎の頂点を5~6cmに切り取り、

バーミキュライト(土)に挿しておくと 2週間ぐらいで根が出てきます。

丈夫なだけあって、挿し木も簡単。

 

ホントに丈夫で、手間いらず、

初心者向きのカワイイお花です♡ 

 

 

ネコさん 

 

 

f:id:hikari-mimo:20170906170730p:plain

 いろいろ気になるそうです・・・

 

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村