アトリエみも

鉢植えでバラと季節のお花を小さな庭で育てています。

越冬してくれました【ペチュニアとベゴニア】

f:id:hikari-mimo:20170402155916p:plain

 

桜、開花してます。

 

まだ3分咲きくらいでしょうか。

 

今日はお天気が良いので、お花見している人の姿を見かけます。

 

 


毎年見てるのに、やっぱり見たい。

 

あの薄いピンクの花は、咲いている時が短くて
風にふかれてハラハラと

雨があたってサラサラと
ひとひらごとに散ってゆく。

 

そんな限られた時間だけの花だと思うと
余計に誘われてしまうのでしょうか。

 

 


そして桜の下の散歩は、あたたかい。

桜並木に包まれて心地いい。

何故だかいつも懐かしい気分になる。

遠い子供の頃の思い出す瞬間が

表れたり、消えたり繰り返す・・・

 

桜はそんな懐古的な花なのです。

 

 

 

目次

 

1.ぺチュニアとベゴニア冬の管理


2.チューリップ成長報告

 

 

1.ぺチュニアとベゴニア冬の管理

 

f:id:hikari-mimo:20170402160157p:plain

生き残って咲き始めたペチュニア。

 

初夏から秋ごろまで咲くナス科の花。

 

1年草といわれていて、冬越しは基本的にはしない植物。


たいていは霜の降りる晩秋の頃、枯れる。


そういえば去年の夏も
お日様の光に対向するかのように、
毎日たくさんの花が咲き続けていた。

 

ペチュニアは次々と咲くので、我が家の小さな庭の主役級。

 

ベゴニアもずーっと咲き続ける優等生。

 

11月いっぱいまで、花を咲かせていました。


花が終わった11月終わりごろ、

なんだか引っこ抜いてしまうのも
不憫で、

丸坊主にカットして
小さなビニールハウスに入れた。

 

冬越ししたペチュニアは、ホワイトとピンク。

咲き始めた白いペチュニア

f:id:hikari-mimo:20170402160248p:plain

 

冬の管理といっても、もともとは半耐寒性多年草、

強い品種なので、特にこれといって特別なことをするわけでもない。

 

霜にあてなければ、大丈夫。

 

冬の管理(鉢植えの場合)

 

◆置き場所 室内かビニールハウス(簡易的なもので十分)日当たりの良い場所

 

◆水やり 1週間に1回くらい。新芽が出てきたら3日に1回くらい。

 

◆肥料 休眠中なのでいらない。

 

 

ペチュニアの花が咲き始めたのは3月下旬ごろ。


ベゴニアは一昨日ぐらいに第一号が開花しました。

 

いつの間にか咲いていて、

可憐な姿でたたずんで、

うれしくなりました♡

 


ベゴニア・センパフローレンス(ホワイト)

 

お花の形はカワイイハート型。

f:id:hikari-mimo:20170402160512p:plain

小さな姿が愛らしい。


冬越しはあまり期待していなかったので

とてもHappy。

 

そしてこれから活き活きと花が咲き続くように

育てましょう。

 

 

2.チューリップ成長報告


昔から春の定番の球根植物といえば、チューリップ。

誰もが知ってる人気者。

 

色もカラフルでたくさんあります。

 

植え付け期は10月頃。


植え付け時期が、やや遅かったのか我が家のチューリップは
まだ咲いていません・・・

 

旬なのに。って

 

つぼみが見えている・・・

f:id:hikari-mimo:20170402160709p:plain

あともう少しで会えますように♪

 


◆開花期 3月~5月

花期は意外と短い。

 


クロード・モネ チューリップ畑

 

f:id:hikari-mimo:20170402161224j:plain

 

オランダの風景
集団で咲くチューリップ。

風に揺れて

楽しそうな、

儚いような。

 

優しい色合いの風景が

これまた

なぜだか懐かしい。

 

 

 

 

おまけ


今日のネコさん

 

f:id:hikari-mimo:20170402170833p:plain

 

・・・

f:id:hikari-mimo:20170402171841g:plain

 

 

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村