読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アトリエみも

花のある暮らしを写真で綴ります。小さな庭でバラ、ハーブ、季節の花を育てています。

毒を持つナルシスト【スイセン】

 

f:id:hikari-mimo:20170221173605p:plain

 

暖かい日がふえてきました。

 

明け方もマイナス気温になることもなく、
植物の防寒対策もそろそろ終了かな。

 

 


やっぱり黄色いお花って、元気でます。

 

我が家の小さなお庭の小さな花。

 

水仙「ティタティタ」が、
沢山咲きました。

 

小さな可愛いお花なのですが、
意外な顔がありましたので
早速メモしてみます。

 

 

 

 

目次

 

1.スイセンの特徴

2.ギリシャ神話のスイセン

3.スイセンの基本情報

 

 

 

 

1.スイセンの特徴


早春に咲く清楚な球根植物です。

 

地中海沿岸地方原産で、
一度植えると長くお花が楽しめます。

 

草丈は10~45cm。


花径は2~13cmくらいのものまで。

 

白や黄色の花色が一般的。


香りがあるものと、ないものがあります。

 

お馴染みの「ニホンスイセン」は、甘い香り。

 

「黄房水仙」キブサスイセンも、よい香りがします。

 

一方、真っ白な「ペーパーホワイト」は、スパイシーな香りがします。

 

 

 

花の形もいろいろで、


八重咲きでサーモンピンクの

「リプリート」や

 

ヨーロッパで人気の
バタフライ咲き
(カップ状の副花冠が ヒラヒラと蝶のように波打つ)
「ベラエステラ」。

 

ラッパ咲き
(副冠の長さが花弁の長さと同じかそれ以上のもの)の
「ピンクパラソル」など、いろいろな種類があります。

 

f:id:hikari-mimo:20170221173819p:plain


我が家の水仙は、コンテナ植えのミニスイセン(写真上)
「ティタティタ」
(フランス語で「ひそひそ話し」)

 

花径は3cmほどで、
花被片が後ろに反転するシクラメン咲き。

 

細い花径の先に1花がつくタイプで
ラッパ部はオレンジに近い黄色。

 

花被片は黄色でラッパ部と同じ長さです。

香りはありません。


太陽の方向に向いて咲くので、
現在は・・?

あっちこっちに好きな方向で咲いています。

 

 

 

2.ギリシャ神話のスイセン

 

水仙の別名は

「ナルシサス・ナルキッサス・セッチュウカ」

 


水仙の花言葉は

「ナルシスト」「自己愛」「うぬぼれ」

 

清楚な姿とはうらはらな花言葉が多い。

 

このお花を誰かに贈るときには、
誤解を与えないように注意!

 

この花言葉の語源の由来が、
ギリシャ神話のナルキッソスの物語。

 

スイセンも美少年の化身だったのです。

 

 

 

ナルシシズムとは

自己を愛し、自己を性的な対象とみなす状態を言う。
「自己 陶酔」「うぬぼれ」といった意味。

 

 

 

~~~~~~~~~~


美少年「ナルキッソス」は
たくさんの女性に想いを寄せられますが、
なびくことなく
いつも冷たい態度をとっていました。

 

「自分より美しい女性はいない 」と
おもっていたようです。


森の妖精の「エーコー」(やまびこの起源)も
ナルキッソスに恋をしますが、
相手にされませんでした。

 

悲しみと屈辱のあまり、エーコーは
やせ衰えて声だけの存在になってしまいます。

 

そして、自分を呼ぶものには、
誰にも返事をするようになりました。


このことを知った
復習の女神「ネメシス」は激怒し、
ナルキッソスに自分だけしか愛せない呪いをかけます。

 

彼は水鏡に映った自分の姿に恋をして、
水を飲むことも忘れ、
やがてやせ細って衰弱していきました。

 

ナルキッソスに死が訪れるとその体は消え、
彼がいた泉のほとりに
「水仙」の花が一輪咲いていました。

 


~~~~~~~~~~~

 

f:id:hikari-mimo:20170221173944p:plain

 

ナルキッソスの水辺でうつむく姿が、
水仙の花のようです。

 

 


カラヴァッジョの「ナルキッソス」

 

 

f:id:hikari-mimo:20170221174110j:plain

 

水面に映る己の姿や、
不思議な下半身など
謎が多い絵画といわれていますね。

 

 

 

 

3.スイセンの基本情報


ヨーロッパでは古くから親しまれてきたお花です。

 

基本情報詳細
科属名 ヒガンバナ科スイセン属
分類 多年草 球根です
置き場所 日当たりのよい場所 霜に気をつけて
用土 赤玉土:6 腐葉土:3 川砂:1
水やり 土の表面が乾いたら 乾燥気味に育ててね
肥料 液肥を生育時期だけに
害虫・病気 アブラムシ ウイルス病

 

 

鉢植えの場合は、
根のはるスペースを確保するために
球根の頭が少し隠れるくらいに
浅植えします。

 

そして毎年植替えたほうが
よいそうです。

 

 

 

危険!毒があります

 

 

スイセンは全種に毒があります。

 

葉っぱの匂いがニラに似ているので、
食べてしまって死亡した人もいるそうです。


たしかにニラに非常によく似ています。


身近なお花でも、毒を持っているものは
結構多いのです。

 

 

 

そういえば

ネコさんこないだ

スイセンを・・・

 

f:id:hikari-mimo:20170221174151p:plain

 

「匂っただけニャ」

 

 

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 小さな庭へ
にほんブログ村

広告コードを選択