アトリエみも

花のある暮らしを写真で綴ります。小さな庭でバラ、ハーブ、季節の花を育てています。

哀しくて儚い風伝説【アネモネ】

 

f:id:hikari-mimo:20170213165213p:plain

 

少しづつ春の光に変化しつつあります。

 

我が家の小さなお庭の鉢植えに

『アネモネ』が咲きました。

 

 

色あざやかな可愛いお花です。

 

切り花などにも使われる
エキゾチックなお顔。

 

この花にまつわる悲しくも儚いお話が
ありましたのでメモしてみました。

 

 

 

目次

 

1.アネモネの特徴

 

2.アネモネ伝説

 

3.アネモネ基本情報

 

 

1.アネモネの特徴


2月から5月頃に開花する、多年草。

一度開花すると長くお花が楽しめます。

 

白、赤、ピンク、青、紫、混合色など沢山の色あり。

 

草丈は10~50cmほどのものが多く

花は一重咲き、八重咲きなど。

 

球根植物の為、お花が終わったら休眠します。

 

耐寒性がありますが、夏の暑さには弱いです。

 

和名は「牡丹一華」(ボタンイチゲ)。

 

原産地は地中海近辺のヨーロッパ。

十字軍の遠征によって、世界中に広がったといわれています。

 

 

この子は
アネモネ・ポルト
20cmくらいの草丈に8cmくらいの
一重の花です。

 

 

f:id:hikari-mimo:20170213165435p:plain

 

 

 

2.アネモネ伝説

 


アネモネはギリシャ語の
「anemons」(風)に由来。

 

ヨーロッパでは昔から、
美しさと、はかなさの象徴とされています。

 

 


■ギリシャ神話のアネモネ

 


美と愛の神、アフロディーテに
愛された美少年アドニス。

 


~~~~~

 

シリア王キニュラースの娘ミュラーが父王を愛し、
その結果生まれたのがアドニス。

 

この不幸な生い立ちのアドニスの養育を
愛の女神アフロディーテは
豊穣の女神デメテルの娘、冥界の神ハデスの妻の
ペルセホネに頼みます。

 

美しい青年に成長したアドニスに
ペルセホネもアフロディーテも恋をします。

 

そこでゼウスは春から夏はアフロディーテ、
秋から冬はペルセホネと暮らすよう決めました。

 

しかしアフロディーテは
秋が来ても冬が来てもアドニスを
ペルセホネに返しませんでした。

 

怒ったペルセホネは、軍神アレスにこの事を密告。


軍人アレスはアフロディーテの愛人。

 

嫉妬に狂ったアレスは獰猛なイノシシに変身し、
アドニスを襲います。

 

この時
イノシシに突かれて死んでしまった
アドニスの流れた血から
アネモネの花が生まれたのです。

 


それゆえにアネモネは、優しい風の中、花が咲き
再び風を受けると散ってしまう
美しくも、はかない花といわれています。

 


~~~~~

 

f:id:hikari-mimo:20170213165611p:plain


アネモネの花言葉も、

 

「はかない恋」

 

「恋の苦しみ」

 

「見捨てられた」

 

「見放された」

 

「嫉妬のための無実の犠牲」


なんとも悲しい

物語にあった花言葉ですね。

 

 

 

ちなみに
欧米では、
「アドニス」=美少年の代名詞と言われ
映画などの美少年の役を「アドニス役」と
呼ばれているそう。

 

 

 

アネモネにまつわるお話は、
この他にもいくつかありますが、
いづれにせよ切なく、悲しい「かなわぬ?恋」が
元になっています。

 

 

アフロディーテにしろ、ペルセホネも伴侶、 愛人がいながら

勝手な話です。

 

ま~エゴというか。

 

アドニスは翻弄されてしまったのですね。

美しいために。

 

かわいそう・・・

 

 

 

3.アネモネ基本情報

 

このお花は中級者向き、頑張って次のお花も咲かせるぞ!

 

基本情報詳細
科属名 キンポウゲ科アネモネ属
分類 多年草 球根です
置き場所 日当たりのよい場所 5℃以下の気温に1か月以上あてないと つぼみがつきません。霜に気をつけて
用土 赤玉土:7 腐葉土:3
水やり 土の表面が乾いたら 休眠期はお水はいりません
肥料 ゆっくり効くタイプと開花期は液体肥料を月に1回
害虫・病気 白絹病 センチュウ うどんこ病

 

 

高温多湿に弱いので、出来れば球根を掘りあげて、
涼しい所で保管してあげてね。

 

f:id:hikari-mimo:20170213165701p:plain

 

■アネモネの毒!

 

カワイイお花なのですが、意外と草全体に毒を持ってることは知られてません。

 

プロトアネモニンという成分で、
茎を切り取った時に出る液体が肌にふれると
カブレや水泡を引き起こします。

 

植替えなどで、株に触れるときは

手袋をしたほうが安心です。

 

 

 

 

おまけ

 

今日のネコさん

 

f:id:hikari-mimo:20170213170152p:plain

 

 ひなたぼっこは

最高にゃ(=^・ω・^=)

 

 

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 小さな庭へ
にほんブログ村

広告コードを選択