アトリエみも

花のある暮らしを写真で綴ります。小さな庭でバラ、ハーブ、季節の花を育てています。

寒すぎてお花が凍りました【かんたん防寒】

f:id:hikari-mimo:20170117172541p:plain

 

寒波あいかわらずです。

 

特に昨日の早朝は冷蔵庫の中にいるよう。

キンキンに冷えてました。

息も、白~い。

 


そして、そして

お花たちを見たら「びっくり!」

「よく咲くスミレ」凍ってる・・・!?

 

(写真 ↑)

 


我が家は、東京にほど近い、
埼玉県。

 

雪こそ降らないのですが、随分と冷えています。
朝-3℃。

 

寒さに弱いお花は先月、お部屋に避難させたのですが、
冬のお花は寒さに強いとかおもって、

お外に置きっぱなし。

 

こおってしまい、うつむいてしまっている。

 

あれれ?やつれた姿・・・かわいそう。

 


「プリムラ」
葉っぱがこおってて、お花の一部が、
悲惨・・・

「トホホ」状態になってる。

(写真 ↓) 

f:id:hikari-mimo:20170117172718p:plain

 

我が家、
ほとんどのお花は、鉢植えで育てています。


地植えに比べ土の量が少ない分、

植物の根に寒さが伝わりやすいのです。

 


多少の防寒対策をしてあった子もいれば、
平気だろうと何もしていなかった子もありで、
油断してました。

 


気温がマイナスになりそうだったら、
早めに防寒したほうが
賢明だということを痛感。

 

 

だけど
『霜よけ』

 どうすれば?

 

大変だったり、面倒だったりするのも
続かないし。

 

まずは、かんたんに。

 鉢植え編、

初めての冬、簡易防寒で対策してみました。

 

 

マルチングをする


マルチングとは、
植物を植えた土の表面をマルチング資材で覆うこと

 

(種類)

 

■バークチップ
赤松や黒松など松の樹皮を砕いたもの。
樹皮からできているので、ウッドチップよりも茶色の赤みが
濃いことが特徴です。

 

■ウッドチップ
木材を細かくチップ状に砕いたもの。
杉、ヒノキ、クスノキなどの針葉樹や、桜などの広葉樹から
出来ている。

 

■バークファイバー
杉やヒノキなどの針葉樹皮が原料。
繊維なので柔らかい。

 

■腐葉土
秋に落葉樹が落とした 落ち葉が原料。
栄養たっぷりの土。

 

■くるみチップ
その名の通り、くるみの殻。

 


その他、ワラや落ち葉など。

 

f:id:hikari-mimo:20170117173754p:plain

 

自然の素材は、土にかえるという点では、
環境にもやさしい。

 


壁際に避難していた、我が家のガーデンシクラメン

(写真 ↓)

 

f:id:hikari-mimo:20170117173249p:plain

 

 バークチップをひいていました。

こおってなかった!です。

 

地味な対策なのですが、結構効果あるとおもいます。

 

 

囲う、覆う、かぶせる


おうちにあるもので、簡単防寒です。

(種類)

■段ボール、発砲スチロール


囲ったり、そのまま箱に入れてあげたり。

朝になったらお花を出してあげてね!


■ゴミ袋、レジ袋

そのまま入れる。適切に切り取ってかぶせるなどなどいろいろ使える。

風でとんでしまうので、洗濯バサミで四方を止めておく。

 

■プチプチ

地面がコンクリートだったりすると、冷えます。

段ボールの上にひいてあげると、更に防寒。

回りを囲ってあげるのにも、使いやすいです

 

 

これらは、家にあるもの。
手軽だし、コストもかからないのでお気軽です。


その他、

ビニール傘の柄を取って、植木鉢に乗せてる「強者」な

ご近所さんもいました。(工夫!)


更にこれらを
北風のあたらない、壁際に移動できれば、防寒アップ。

 

 

早速、昨晩からいろいろ開始。

こんな風にやってみました。

f:id:hikari-mimo:20170117173822p:plain


朝見たら、大丈夫でした!

お花もうなだれていませんでした。

 

効果あり。よかったです。

 

ただし、

もっと寒い地域では通用しないとおもいます。

 

 

今回

何もしなくても、こおってなかった花。

(マルチング無し、屋根なし) 

f:id:hikari-mimo:20170117173907p:plain

 

『イベリス』

強し。

 

 

でもでも、

冬に強いというお花でも、霜がかかると痛みます。

 

せっかく育てたお花。

こおって枯れないように。

 

 


せっせと
夜には防寒してます。

 

鉢植えは

冷えやすいのですが、

移動ができるというメリットもありますよ。

 

因みに
霜にあたる面積を減らすため、
切戻して株への負担を少なくするという
手もあります。

 

植物も人間も
寒さ対策万全に。


まだまだ冬は長いのだから。

 

 

 

 

おまけ

 

今日のぽっちゃりネコさん(=^・^=)

 

f:id:hikari-mimo:20170117200723p:plain

 

こちらはお部屋で「ぬくぬく組」

 

猫用こたつで、しっかり防寒対策。

 

側を通ると

しゃ しゃっ

と、手だけでてきます。(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 小さな庭へ
にほんブログ村

 

我が家は本体だけ購入して、

カバーはコットンの生地を別に買って使ってます。

(コットンは静電気がおきないので)

猫は、やっぱり「こたつ」好き。

広告コードを選択